レイノスというヘッドハンティング会社からアプローチ!年収2倍かも!!

握手する男性

ヘッドハンティングは外国の話?

あなたはヘッドハンティングされたことはありますか?
転職をする場合、よくあるのが求人の情報を見て企業に連絡をしたり、人材紹介会社に登録することが多いですよね。

今日は、「転職を考えている人」を対象とした人材紹介や人材募集ではなく、「仕事が充実していて、やめるつもりがない人」を対象としたスカウト・ヘッドハンティングの話です。

どんな人に声がかかるのか

私自身、3回スカウトの声をかけてもらいました。
当時は全く転職するつもりはなく、実際に転職もしていないです。

普通に考えて、転職する予定の人に声を変えた方が簡単そうなので、
「なぜ転職する気がない人に声をかけたんですか?」
と聞いてみました。

答えは、
「企業側は同じ会社で長く働いていて、かつ能力の高い人を欲しがっています。」
というものでした。

私も採用するときには転職歴が多い人は避けているので、まぁそうなんだろうなって思いました。

また声をかける対象者は、人からの紹介が多いみたいです。
仕事ができる人に紹介してもらった人は、やっぱり仕事ができるということで、紹介が命みたいなことも言っていました。

手数料が高すぎる?

ヘッドハンティングの対象者が「仕事にやりがいを感じている人」なので、あまり転職の誘いに応じることはないでしょう。
それだけ難しい仕事なので、ヘッドハンティングに成功した場合の手数料は、結構高いみたいです。

よくある人材紹介(転職を考えている人を紹介)の場合は、東京都内だと年収の30%~40%くらい手数料が発生しますが、ヘッドハンティングの場合だと100%と言っていました。

採用するには前職より高い年収を提示するケースが多いので、もし年収1000万円の人を採用すると、手数料で1000万円払う計算です。

優秀な人材だったらすぐに年収の数倍は稼ぐでしょうけど、個人的には「あなたの会社、儲けすぎでしょ」って思いましたね。

どこまで条件を教えてくれるか

このあたりは担当者によって違いを感じていますが、
・誰が自分のことをヘッドハンティング会社に紹介したのか→教えてくれない
・どこの企業からのアプローチか→教えてくれる
・転職後の仕事内容→教えてくれる
・年収いくらもらえるか→およそのレベルを教えてくれる
という感じでした。

年収については、
「管理職だと年収いくらくらい」
「その業務で同年齢の人だと年収いくら」
といったところですね。

条件に興味を持ったら企業との面談に進むようです。

本当に自分が欲しいのか

話していて感じた違和感は、
「あれこの人、こっちのこと良く知らないんじゃ・・・」
ということです。

誰に紹介されてアポを取ってきたのかわかりませんが、
・現在の年収
・役職
・仕事内容
・勤続年数
など質問されました。

年収は知らないだろうけど、役職や仕事内容も聞くってどういうこと?
私のことを知りもしないのにスカウトしてるのか?

確認の意味も込めて聞いているのかも知れませんが、おそらく私自身を一本釣りしたいわけではなく、クライアント企業が求めている条件に合っていそうか確認しているのだと思います。

そういう意味では、純粋なヘッドハンティングではないですね。

ヘッドハンティング会社に学んだこと

先日私が会ったレイノスというヘッドハンティング会社は、急成長していました。
ビジネスの特徴として感じたのが、
・非常に高い人材斡旋手数料(同業他社の3倍)
・アプローチする人材が無限(会社をやめたいと思っている転職組を奪い合うのではなく、しっかり働いている人が対象)
といったことです。

転職する気がない人も、声がかかったら話を聞いてみると仕事の参考になることがあるかも知れませんね。